読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sekaie engineers' blog

セカイエ株式会社が主催するエンジニア勉強会について

実は凄い!?セカイエの開発環境を公開

この記事は「セカイエ Advent Calendar 2015」の23日目の記事です。 qiita.com

リフォームのことならリノコ」を運営するセカイエの開発環境や体制について紹介します。

セカイエは大阪にあります

f:id:sekaie:20151216223703j:plain:w800 セカイエは大阪生まれ大阪育ちのIT企業です。「世の中に唯一のインターネットサービスを通じて一歩先の世界をつくる。」をミッションとしています。
インターネットがこれほど普及した今でも不明瞭な業界ってありますよね。セカイエは、そういった業界に対して情報格差をなくし、ユーザー目線でサービスを世の中に出してくことをモットーとしています。

f:id:sekaie:20151216223701j:plain:w800 2012年に数名で設立した会社ですが、ひょんなことから2014年にグリー株式会社の完全子会社になりました。
現在は、70名近いスタッフが働く会社にまで成長しています。エンジニアだけでいうと、以前は3人だったのが10人まで増えました。

グリーのエンジニアと一緒に仕事をすることになってからは、お互いの良い所のシナジー効果で開発環境や開発スピードが飛躍的に向上しています。

リフォームのコトなら「リノコ」

f:id:sekaie:20151216223704j:plain:w800 リノコはオンラインで注文ができるリフォームサービスです。リフォーム・コンサルタントと呼ばれるコールセンタースタッフを配置しお客様対応をしています。施工は、全国に800を超えるリフォーム職人と提携しており、全国どこでも均一価格で提供できるというのが特徴です。サービス開始以来10,000件以上の施工実績を積み上げて順調に業績を伸ばしています(今期の売上高は30億円を計画しています)。

リフォーム業界は、他の業界と比較するとIT化が遅れていて、従来の地場工務店や知人の職人に依頼する方がまだまだ多いです。リフォーム業界の規模はだいたい6兆円強で、これは通販や旅行などと同じくらいの市場規模です。また、政府が新成長戦略に「中古住宅・リフォーム市場の倍増」を目指していて、政府からの補助金などの後押しで今後市場が大きく活性化すると見込まれています。

f:id:sekaie:20151216223659j:plain:w800 インターネットでリフォームを注文することができるのですが、物販と違い「現地調査」とよばれる下見を行ってから売買契約となります。実際にリフォームができなかった場合は、キャンセルすることができますので、お客様は安心してサービスをご利用いただけます。
2C向けのサービスが中心ですが、不動産会社様や卸事業などの2B向けもやっています。

フロントエンドはもちろんバックエンドもスクラッチで内製しています。バックエンド側はリフォーム・コンサルタントが使用するCTIや職人の現地調査や施工の進捗状況を管理するシステム(リノコPro)がありますので、通常のECシステムよりも広範囲な仕様になっています(以前の記事を参照してください)。

sekaie.hatenablog.com

開発環境

セカイエの開発環境についてご紹介します。

システム構成

リノコのシステム構成ですが、開発環境はAWSを利用しています。以前は物理的なサーバのさくらインターネットを利用していたのですが、今後の発展も考慮してクラウドに移行しました。サーバーサイドの言語はPHP(Cake)を使用しています。

開発端末

f:id:sekaie:20151220204644j:plain:w300:left 以前はWindowsだけでしたが、現在はMacを使用する人が増えてきています。特にサーバーサイドのエンジニアは、Mac率が高いですね。デスクトップとノートPCの比率は半々くらいでしょうか。サーバーサイドのエンジニアは、ノートPCが多いです。モニター基本2台(ノートPCの場合は1台)仕事内容や個人の仕事のしやすさで分けています。

コミュニケーションツール

チャット

f:id:sekaie:20151214223838j:plain:w300:right チャットツールは、以前はSkypeを使っていたのですが、立ち上がっていないとファイルが送れないという問題があったので、現在はChatWorkを使用しています。
Group Chatの作成ルールは特に決まってはいないのですが、部署単位やプロジェクト単位など自分たちが使いやすいように作っていっています。
言葉だけでは伝えにくい修正点などは、Gyazoで画面共有をしています。

テレカン

f:id:sekaie:20151214231313j:plain:w300:left 東京オフィスとの打ち合わせも多く、会議室にはPolycomのビデオ会議システムを設置しています。資料共有は、Hangoutが便利なのでそちらを使っています。

プロジェクト管理

f:id:sekaie:20151214224305j:plain:w300:right 企画やマーケティングなどの非エンジニアの人も多いので、基本的にはBacklogで課題管理をしていますが、細かいタスクなども多くなり、Backlogだと煩雑になって管理が難しくなっていたので、最近では、GitHubのIssueでも管理しています。
GitHubをエンジニアがよく見ているので、ちょっとした修正ならBacklogには登録せずに、Issueで修正を依頼しています。

リポジトリ

f:id:sekaie:20151220205507p:plain:w300:left 以前はBitbucketでバージョン管理をしていましたが、現在はリノコの管理画面や分析基盤システム、コーポレートサイトなどすべてGitHubですべて管理しています。

ドキュメント管理

f:id:sekaie:20151217223151p:plain:w300:right 仕様や手順などのドキュメントの管理はConfluenceを使用しています。オフィス系のソフトは複数人で同時に作業ができるスプレッドシートGoogleDriveで共有しています。

デプロイ

f:id:sekaie:20151217223223p:plain:w300:left 現在はデプロイツールがあるので、Webから簡単にデプロイすることができるようになりました。しかも、デプロイ時には、チャットワークで通知がくるようになっているので、とても便利です。
以前はサーバにログイン後にシェルを実行していましたが、簡単な修正もエンジニアにお願いしてデブロイしていましたので、非常に非効率でした。

ファイル共有

f:id:sekaie:20151217224319p:plain:w300:right BOXを使用しています。無制限で使用できるので重たいデザインデータや素材などすべてのデータをBOXで管理しています。バージョン管理も兼ねているので、古いデータに戻したりするのも簡単にできます。

デザインツール

f:id:sekaie:20151220205315j:plain:w300:left ワイヤーやデザインなどは、Photoshopを利用することが多いです。レビューを依頼するときは、見やすいようにProttMoqupsなどにアップしてから依頼するようにしています。

分析環境

分析基盤

f:id:sekaie:20151217214511p:plain:w300:left 以前はSQLで欲しい数字(KPI)を手集計していましたが、佐々木さんがGoogle Big Queryを使って分析基盤を構築してくれたおかげで集計がとても早くなりました。

アクセス解析

ページ遷移やバナーのクリックなど、分析基盤では賄いきれないところはGoogle Analyticsを使っています。

開発体制

開発チーム

リノコの開発体制です。

  • サーバサイドエンジニア:7名
  • フロントエンドエンジニア:3名
  • インフラエンジニア:1名
  • デザイナー:3名
  • ディレクター:2名
  • PM:1名
  • 商品開発:2名
  • データアナリスト:1名

ミーティング

f:id:sekaie:20151218072423j:plain:w800 1日のタスクの共有は、フロント、バックヤードの2チームに分かれて朝会で共有します。お互いの仕事の確認もあるのですが、みんなで毎朝顔を合わせることで、調子などの確認やコミュニケーションを取りやすくしたりしています。売上やアクセス数などの業績確認は、週次の定例会で確認するようにしています。

開発チーム以外には...

お客様からの問い合わせや見積り、職人との連絡などを行う部署や、マーケティング、経理・管理といった部署があり役割を分けて仕事をしています。 東京と大阪に拠点がありますが、テレカンやChatworkなどを使ってコミュニケーションを取っていますので、距離的な問題を感じることはありません。

その他

勉強会

f:id:sekaie:20151217224406j:plain:w800 自由参加で基本的には何でもありの勉強会ですが、エンジニア系の話が多いです。勉強会で学んだことが仕事に活かされることも多く、お互いを刺激し合ったり、コミュニケーションを深めたりしています。公開できる情報はこのブログでアウトプットしています。新しい技術や情報は、外部のセミナーに参加したり、専門書の購入や雑誌を購読したりしていますので、学ぶ姿勢のある人にとっては悪くない環境だと思います。

チームビルディング

f:id:sekaie:20151214230032j:plain:w800 チームビルディングと言う名の飲みにケーションを不定期で開催しています。日ごろの疲れを癒やしたり、仕事では交流が少ない人との話しをしたりなど、円滑なチームワークづくりには、とても大切な行事です。

使用したツール

コミュニケーション

デザインツール

分析ツール

まとめ

リノコのサービスをもっと良くしたいという思いから、いろいろな取り組みや小さな改善を日々しています。企業としてもまだまだ若いので、どんどん新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。 セカイエでは、一緒にリノコを盛り上げてくれるエンジニアを募集しています。刺激ある職場で新しい市場を一緒に作りませんか?
ほな