sekaie engineers' blog

セカイエ株式会社が主催するエンジニア勉強会について

チーム開発で生産性をあげるためにやってみたこと

セカイエ株式会社 Advent Calendar 2016 - Qiita の8日目の記事です。 

まいどどうも、恋ダンスが気になっいるエンジニアの中島です。
今回は、チーム開発で生産性をあげるためにやってみたことをいくつかご紹介したいと思います。
詳細なコードの例などは、Qiita の方にまとめているので是非。

管理画面

コンテンツの作成、公開、非公開など一部の操作を管理画面を通して操作できるようにしました。これにより、エンジニア以外も更新作業を安全かつ迅速に対応できるようになりました。また、RailsVue.js など本番環境とは違うフレームワークなども試すことによって、技術的な知見も得れるようになったことも個人的には良かったかなぁと感じています。

qiita.com

GithubSQL管理

とはいっても、諸事情により管理画面を作ることが困難なDB操作、運用もまだまだたくさん残っています。 ここは、実行するSQLをすべてGithub のPRベースで行うようにしてみました。

  • Github でのPRにより、確認と実行が非同期で作業できるようになった
  • ログが残るようになった(問題の特定がはやくできるようになった)
  • エンジニア以外も、クエリを書くようになった

などのメリットがありました。
このような運用が1番良い方法ではないと思いますが、以前よりは改善できていると考えています。

レビューをリマインドするように

リノコでは、Github Flow を用いてチーム開発を進めています。 "レビュー" や、"レビュー後の修正のレビュー" など毎回メンションが飛んでしまうと、その都度個人の作業が止まうのでどうにかできないかなぁと感じていました。 もちろん、早急に対応するべきものもありますが、PRで、"レビュー中" のラベルが付いているものを定期的に確認して、チャットに流すようにしました。

f:id:sekaie:20161208022502p:plain

他の人の作業もおおまかに把握するこもできて、導入してみてよかったと思っています。 運用してみると、2時間おきくらいの感覚でチャットに流すようにするとちょうどいいなという感じです。

qiita.com

さきほど、発表された機能を使ってレビューのフローを考えてもヨサソウですね。

誰でも祈りが送れるように

社内で管理しているサービス(リポジトリ)に対して、誰でも issue が作成できるようにしてみました。これは主に非エンジニア向けのためのものです。 カジュアルに思ったことをエンジニアに伝えることによって、解決できたこともあってよかったなぁという感じです。

f:id:sekaie:20161208095127p:plain

名言を流してみた

毎朝、チャットに偉人の名言を流すようにしてみました。個人的に、名言が好きで励まされることが多くてモチベーション管理に役立ちました。

おわりに

今回は、チーム開発で生産性をあげるためにやってみたことをいくつかご紹介してみました。参考にしていただけたら幸いです。 今後も、「試せることは試してみて、よかったら継続してやっていく」というスタンスでやっていきたいと思います。

明日は、佐々木さんがエンジニア・デザイナーの机周り・開発環境をご紹介してくれます!
たのしみですね!

ほな!